2018年12月13日木曜日

兼済と独善



            詩解* 白楽天
新篇日日成 
不是愛声名 
舊句時時改 
無妨悦性情
但令長守郡 
不覚欲帰城 
祇擬江湖上 
吟哦過一生


ホイットマンやユゴーが
さんざん社会や政治のことに言及するというのに
にっぽんの詩ときたら……
と思わされ続けだが
考えてみれば
この国の文芸に巨大な影響を与えた白楽天も
天下国家を扱った詩を
たくさん作っていた

白楽天の詩を読む際には
兼済
独善
というニ語がキーワードになるが
兼済は
社会を民をひろく(兼)救う(済)という意味で
独善は
独り善しということ
プライベートを楽しむということ

このふたつのテーマのあいだを
白楽天は一生にわたって行き来し
詩作を続けていて
いにしえの中国詩人たちの例に洩れず
天下国家のこと
戦乱のこと
身のまわりの小さな物事や
花鳥のことなど
倦むことなく歌い続けた

兼済と独善を
あまり強調せずに
あるいは
まったく触れずに
この国の漢文教育は為されてきた場合が多いようだし
そもそも
兼済のほうを
故意に言い落とした教育をすれば
天下国家のほうはやりたい放題しやすくなるのだから
はて
教育上の陰謀ででもあったのか
とも勘繰ってしまう

にっぽんの詩は
中国詩で言うなら
中唐の終わり
李賀のあたりから
晩唐の杜牧や
とりわけ
李商隠あたりの雰囲気のなかに
べったりと浸け込まれたまゝなのか
王朝の衰微や社会の混濁のなか
情熱を向ける対象をすっかり失い切った
詩という試への
挽歌そのもの
どこまでも
引かれ者の小唄でしかない
極小市民のつぶやきや
書きつけ


*詩作について」 白楽天
新しい詩を毎日作る。
これは名声を求めてのことではない。
以前作った詩を何度も手直しをする。
これもなかなか面白い。
州の守りのお役目がいつまでも長く続けばいい。
町に戻る気がしない。
ただこの水辺の地で
詩を読みながら一生を過ごしたいと思っている。




便器を抱きしめているよ



トイレの掃除は毎日のようにしても
裏のほう
配管に溜まるホコリや
便器の裏のホコリなどまでは
なかなか掃除しない

汚れてきているとは思っても
毎日のようには
そこまで
掃除機の先を突っ込んだりはしない

ある日
ふと
そんなところまで
掃除する気になってみると
掃除機のほそい吸い込み口は
まだまだ
なんとか届いても
濡れ雑巾で
ほうぼうを拭き取るとなると
カバーをした便器の上に倒れ込んで
便器を丸抱えしないと
手は届かない

あまり汚ない感じでもないが
配管の上や
便器の奥下のあちこちに
ホコリは白く積もっている

便器をすっかり抱きしめ続けた姿で
腕を差し入れ
伸ばしたり
縮めたりして
ホコリを拭い続けながら
おやおや
いま
便器を抱きしめているよ
こんなこと
したことがなかったよ
こころの洞のなか
いくつもの
じぶんにだけ
つぶやきは
反響し続けている



ありがとう!人類!



鳥南蛮というのを食べているが
料理の質はそうよろしくないので
皮やころもが繋がったまゝのところがある
そこで
箸先で切ったり
のばしたり

ふと気づくのだ

箸があってよかった、と
箸とは
なんとすばらしい発明か、と

どこの誰だったか
なんでもないような
この棒きれの
こんな用い方を発明するまで
人間は
たゞ
指先で切ったり
のばしたり

テーブルの上
じぶんのまぢかを見まわし直すと
焚いた米を盛る茶碗も
盆も
カップも
あゝ
なんと
たいへんな発明であったか

ありがとう!
人類!
これまでのぜんぶの御先祖様!

おおげさなつぶやきを
してしまいたくなり

してしまった

ありがとう!
人類!
これまでのぜんぶの御先祖様!



数本の竹

 
大きなビルのエントランスわきにある
すっかりデザインされた
御影石の小石の庭に植え込まれた数本の竹

管理され尽したさびしさよ

都会のなかの
わずかな
自然の思い出のために

あるいはまた
ごく薄味の
日本風
という味つけのために

幹のちょっとの汚れさえ
毎朝拭き取られ
小さな枯葉もすぐに取り除かれ

管理され尽した清潔さよ



ほかには

 

他人のひもじさや
いたみを
さびしさを
こころもとなさを
見ないでおける
こころが
何十億もこびりついているうちは
地球でできることは
なにもない

空気の温度や湿度のうつりかわり
風の誕生や消滅
空の色彩の変化のかぎりなさ
雲の形状の無限の多様さ
木や草のそよぎ
いたるところに踊る
ひかりと闇のたわむれ
それらを見続け
感じ続け
いつもいつも
追いつくことのできない
ことばの情けなさに
親しみ続けていく
ほかには



たぶんいまのじぶんも



寒くなってきた日々のうちの
ひとつの日
きょう
もう室温は15度くらいなのに
まだ暖房をつけず
涼しさを感じ続ける

思い出される
寒かった日々の数々

数年前
十年前
数十年前
と思い出はさかのぼり続け
しあわせな寒さだった
幼少時の
冬の日々に到る

……おや、
家に誰もいないのはどうしてか
みんな
買い物にでも出たのか
ひとり
風邪でもひいて
灯油ストーブのあかあかと燃える部屋で
夕ぐれ
まったくの異界につれ去ってくれる
ぶ厚い本を
ときどきは退屈もしながら
読み続けているのか
テーブルには
みかんがいくつか置いてあって
その小さなオレンジ色が
この世の冬の幸福そのものに見えている……

思い出のなかの
その少年に
なにか
呼びかけようと思いながら
なにを言ったらいいか
なにを言わないようにしたらいいか
まよったまゝ……

たぶん
いまのじぶんも懐かしく見つめられている
もっともっと
時間を経た後のじぶんから

たとえ
死のまぎわのじぶんであるにしても

あるいは
からだやいのちを
すっかり脱いでしまった後のじぶんであるにしても



2018年12月6日木曜日

急に温度がさがって上着をもう一枚かけたくなる日

 
                 ジャン・ジュネは過去主義者(パセイスト)である。
 ジャン‐ポール・サルトル『聖ジュネ』


急に温度がさがって
上着をもう一枚かけたくなる日
わたしは弱い
目のまわるほど厖大な水量の
過去という海から
急に温度がさがって
上着をもう一枚かけたくなる日日に
展開されていた
光景が
シチュエーションが
こころや思いが
夢やあこがれが
よろこびかなしみが
物語のすべてが
一気に押し寄せてくるから

過去を生きてはいけない…
過去にとらわれてはいけない…
インスタント悟り本にあるような
そんな教訓
なんの役にも立たない
わたしは過去
わたしを生きているのは過去
あらためて
そう思い出させられるから

急に温度がさがって
上着をもう一枚かけたくなる日
には